バイアグラが登場して以降、様々なED治療薬が発売されてきました。その中でもレビトラは水に溶けやすい効果があり、速効性が期待できる治療薬です。短時間で効果を期待する人にはレビトラがおすすめです。そんなレビトラの概要を紹介します。

ED治療薬レビトラの写真

レビトラの効果と副作用

レビトラをネット通販で!
レビトラは個人輸入代行サービスを行う通販から購入しましょう

レビトラはED治療薬の1つで、高い効果を期待することが出来るため人気があります。その効果として、勃起する際に邪魔する酵素の働きを阻害し、陰茎への血流を良くすることで勃起しやすい環境を整えることが出来ます。しかしレビトラを服用することで必ず勃起するのではなく、性的興奮を受けて勃起するという本来のシステムは同じなので、間違えないように注意しましょう。レビトラには主に10mgと20mgがあり、日本人の様に小柄な人種の場合は10mgでも効果を十分に期待することが出来るとされています。しかし体型や体質によっては20mgの方が合っている場合もあるため、10mgで効果を得られなかった場合は、24時間以上経過してから20mgを服用してみると良いでしょう。
レビトラの副作用として比較的多い症状として目の充血や顔のほてり、頭痛などがあります。これらは時間の経過とともに無くなっていきますが、症状が治まらない場合は服用を中止し、医療機関で受診することをお勧めします。また症例としては少ないですが、おう吐や下痢、呼吸困難、視覚異常など多くの症状が出るため、レビトラを服用後、気になる症状が出て治らなかったり気になる場合は医療機関で相談すると安心できるかもしれません。レビトラの副作用強く引き起こす原因の1つにグレープフルーツがあり、一緒に服用することで血中濃度を高めてしまい重篤な副作用を引き起こし、最悪の状態では命にかかわる可能性もひてすることが出来ないので、絶対に避けなければならない組み合わせです。
レビトラを医療機関で処方してもらえば、効果を得られる服用方法やしてはいけない服用方法、副作用など服用に関する説明を丁寧に教えてもらうことが出来ます。正しく服用することで安心して使用できますし、理解を深めることで受診が必要な症状を知ることが出来ます。安心安全に使用するためにも説明は詳しく聞きましょう。
レビトラ以外にもED治療薬は様々あり、タダシップは価格が安いのでそちらも試してみてもいいでしょう。

レビトラの服用間隔は?

レビトラは素早く効果が出ることがアピールポイントの薬であるため、ED治療薬としてこの薬を選んだ人は「毎日でも使用したい」と考えることがあります。
ただ少々注意したいのがレビトラの服用間隔についてで、この薬の服用間隔としては24時間以上空けて飲むことが基本となっています。
これは薬の成分が大量に体の中に残留してしまうことを避けるために必要なことであるため、一応毎日でも服用することは可能なのですが24時間が経過してから飲むことをしっかり覚えておくことが必要です。
現在レビトラは5mgと10mg、そして20mgの三種類が認可されていますが、このうち5mgと10mgに関しては、24時間以内に2錠服用しても大きな問題が生じることは考えにくいです。
もちろん体重と比較して薬の成分量がどうかということを考えなくては一概に安全だとは断言できないのですが、少なくとも20mgという錠剤が認可されていることを踏まえると5mgと10mgであれば短期間に集中して服用したとしてもある程度安全だと考えることが可能です。
ただやはりレビトラを含む薬というのは正しく利用されてこそ本来の価値が発揮される物ですし、何より大量に飲めば効果が出るというものでもありません。
この大量に飲めば効果が出るというものでもないという点は薬に不慣れな人からすると中々誤解をしやすいポイントになっているのですが、元々1錠を飲めば効果が出るように設計されているわけですからこのことはしっかりと考えておきましょう。
また5mg、10mgだと効果が実感しづらいといった事情があるのならば、そのことを医師に伝えるのも大切です。
医師は一般的なデータから処方する薬を決定しているとはいえ、やはり薬の効果の出方は体質による部分があります。
効果が感じづらかったということで治療が打ち切られることは無いのですから、こうしたことはしっかり医師に伝えていきましょう。

レビトラと風邪薬の併用

レビトラを服用すると副作用として目の充血や顔のほてり、頭痛などの症状を感じることがあります。これらの症状は時間が経過することで治まりますが、風邪の症状にも似ているため服用後しばらく経過しても症状が治まらない場合は本当に風邪をひいている可能性があります。レビトラの作用時間は10mgで5時間程度、20mgで8時間程度とされていますが、この作用時間内に風邪薬を併用しても問題はないのでしょうか。
結論を先に述べれば、レビトラと一般的な風邪薬の併用には問題はないとされています。そのため併用による副作用の重症化などが起こる可能性は低いとされ、また鎮痛作用のある頭痛薬を服用しても同様に問題はないとされています。レビトラの副作用に頭痛があると先述しましたが、この頭痛が気になってしまい性交渉に支障が出てしまってはせっかくレビトラを服用しても、効果を実感することが出来ないかもしれません。そのため頭痛が気になるようでしたら、頭痛薬を併用し痛みを軽減することも性交渉を成功させる大切なポイントになります。
他にもレビトラと併用しても問題がない薬には花粉症の薬、胃腸薬などもありますので、花粉症の時期にアレルギーの薬を服用していても使用に関して問題はありません。しかし今現在、胃の病気になっている場合はレビトラを服用に関して問題があるので、服用を止めるか医師に相談して下さい。自己判断で服用の続行を決めるのは危険なので止めましょう。
それでも常備薬としてある風邪薬とレビトラの併用が気になるのであれば薬局などで薬剤師に確認をしたり、他の薬を処方している医師に確認をすると安心できます。プロからの判断を仰ぐことで安心し、余計なストレスを溜め込まないで性交渉を楽しむことが出来るかもしれません。